40代、塩シャンプーで毎日洗髪やってみたら意外な効果があった

2021年5月18日

塩シャンいわゆる「塩で洗髪」ですが、私がやってみてから1年近く経っています。元々は「抜け毛に良い」と聞いてやってみたのですが、思わぬ効果もありましたので、シェアしたいと思います。ただし、個人差はあると思いますのでそのおつもりで読んでいただければ幸いです。

 

塩で髪を洗う効果は?

ある時から市販のシャンプー・コンディショナー(リンス)を使う度にもう「ごそっ」と毛が抜けるようになりました。ストレスで円形脱毛症になったこともありますが、そうでなくても抜けます。毎回恐ろしいくらい抜けました。

また、それに伴い髪の毛の量が激減してきました。何かないかと探しているときに「湯シャン」や「塩シャン」にいきつきました。

抜け毛、白髪に効果あり?

色々調べると、市販のシャンプーの洗浄力が強すぎて、抜けている可能性があるとのこと。お湯で洗い流すいわゆる「湯シャン」か「塩シャン」が頭皮に刺激が少ないとのこと。

頭皮が正常な状態になれば抜け毛も白髪もなくなる、との意見が多かったです。「湯シャン」もいいようですが、私の髪がバサバサすぎて毎日クリームやワックスを使うのでその替りに塩ならば少しは洗っている感でるかな、と思ったのが始まりです。

塩洗髪で頭のにおいをなくす

抜け毛とともに私の悩みが頭皮のべたべたと汗のにおいです。夏場、毎日洗っているにもかかわらず、朝からにおう気がしてましたし、夕方になったら耐えられないくらいにおっている感じでした。

においにも塩シャンが良いとのことでしたので、がぜんやる気になったんです。

乾燥している髪にも良い・・・?

さらにシャンプー後の私の髪は濡れているのにバリバリでした。その後、無理にリンスしていたので、それも抜け毛の原因かもしれないと思ったりして、調べるとなんと、これも頭皮が正常な状態になれば改善するとのこと。本当かな。と思いつつ早速やってみました。

塩シャンのやり方

塩シャンはその通り「塩」を水に溶かして主に頭皮を洗う方法です。調べるとそれだけでなくその後、頭皮のにおい軽減とアルカリ性になった髪を「酸」で中和するとよいそうです。

酢リンスは経験上「におい対策」「乾燥髪」には必須です。なので、塩シャンしたあとにやはり水に溶かしたお酢で髪を浸し、私は頭皮もマッサージします。

では実際に使用している塩・お酢・使用感をお伝えします。

シャンプー用の塩を用意する

塩は「食卓塩」以外であればなんでもよさそうでしたので、なるべく自然の塩でなおかつお財布に優しい塩を選んでいます。いくつか試していまは2種類くらいを交互に使ったりして楽しんでいます。

経験上、お湯に溶けるとまろやかになるものや、そうでないものがありましたが、特に効果に変化はないみたいです。また、塩は普段食べているものなので、合わない人はいないということでしたので、好きなものを使ってよいと思います。

リンス用のお酢を用意する

リンスに使うお酢を用意します。これも好みによると思いますが、最初は黒酢を使っていました。


黒酢は匂いも気にならず、使用感も大変よかったのですが、リンスとしてじゃぶじゃぶ使うにはコスパが悪すぎて途中で断念しました。普通の安いお酢に変えても問題はなかったんですが、においが「お酢」です。当たり前ですけどかなり「お酢」です。

と、言うことで今はスーパーで買える安めの「りんご酢」を使っています。においもマイルド。

いざ!塩シャン・酢リンス作り方

では実際に髪を洗う際にどのようにするのか、塩シャンと酢リンスの作り方と並行して洗髪方法です。

・荒い櫛やブラシで髪をとかす

・髪をよく濡らし、頭皮もよく洗う

・お湯(約500ml)に大さじ1ほどの塩をよく溶かす※量は色々試しましたが、お好みで大丈夫です。

・頭皮に塩入のお湯をかけ、マッサージするように「頭皮」をよく洗う

・2~3分マッサージ後、ぬるま湯でよーく流す。

・お湯(約500ml)に大さじ2ほどお酢を入れよく混ぜる※これもお好みで

・髪を浸すようにして全体にいきわたらせる。短い場合は塩シャンと同様頭にかけ、髪にいきわたらせてから頭皮をマッサージする(におい対策)

・全体的にマッサージできたらぬるま湯でよーく流す

以上です!簡単!私は塩もお酢も別の入れ物に小分けして、お風呂に入る度に持ち込むようにしています。さすがにお風呂の中に置きっぱなしは塩が湿りそうなので、お風呂のそばに小分けした入れ物を置いてあります。

塩シャンはどれくらいの頻度で使うか

これも所説ありますので、個人の使用感ですが、最初のうちは1日置きで慣らしていました。ただし、市販のシャンプーは使わずに「塩」⇒「自然石鹸」⇒「塩」のようにオリーブ石鹸と交互で使用。そのうち毎日塩シャン&リンスになりましたが問題なしです。

注意点

重要な注意点として、「洗っている最中に目に入ったら、とてつもなく痛い」ということを覚えておいてください(笑)塩も酢も染みます。逆に頭皮にできものや傷がある場合は使用を控えないと痛みますのでご注意ください。

塩で髪を洗い続けた結果

ほぼ1年経過しましたが、塩で洗い続けた結果、なんと抜け毛は減りました。増毛には至っていないですが、確かに抜け毛は減りました。今思うとどうしてもっと早くやらなかったのかと後悔するほどです。

頭がかゆくない、臭くない!

頭皮のにおいについて、こちらも改善しました。まったくにおいません!「お酢のにおいでは?!」と思うかもしれませんが、洗ったばかりは少しにおいますが、もう慣れたせいもあるかもしれませんが、翌日はお酢のにおいは気にならないです。

夏場でも汗をかいてもほとんどにおいません。これはすごい、、、

キューティクルが復活

さらに、バサバサだった髪のキューティクルが復活し、クリームやスタイリング剤を使わなくても髪がまとまるようになりました!洗ったあとにヘアオイルをつけることや、朝、少しジェルを使ったりしますが、ほぼ使用しません。

初めのうちはバサバサする方もいるかもしれないので、洗った後に流さないタイプのトリートメントやスプレーなどでケアするとよいと思います。私もやりました。

スタイリング剤を使用した後も塩シャン?

悩んだ結果、朝スタイリング剤を使用した日は「石鹸洗い」をしていました。ただ、最近は石鹸で洗うだけで洗浄力に負けてきて頭皮がかゆくなるようになってしまったので、よーーーーくお湯で洗ってから塩シャンしています。

髪や頭皮のべたつきなし!

毎日塩シャンと酢リンスで汚れは落ちるの?汚れてべたべたしない?と思うかもしれませんが、まったくそんなことはありません。髪もサラサラですし頭皮もべたつきなしです。

追記・においを抑えるもうひとつのワザ

最近暑くなってきて、少し頭皮が匂うようになりました。塩と酢の力ってこんなんでしたっけ?と、思っていたら、失念していました。

臭いを抑えるのに使っているものがあります。(2つ)

①ハッカ油

スプレーボトルに水を入れて、ハッカ油を数的いれる方法です。髪を乾かす際にスプレーします。

②ミョウバンスプレー

こちらは漬物などに使う「ミョウバン」をやはり水に溶かして頭皮にスプレーするように使います。

ハッカ油は髪を乾かす際に、ミョウバンスプレーは朝、寝ぐせ直しを兼ねて使います。これは効きます。マジで効きます。靴がにおう時も効きます。

まとめ

あくまでも個人の使用感ですが、参考まで。私はこれからも塩シャンを続けようと思っています。そういえば、元々あった白髪がなくなることはありませんが、増加はしていない気がします。塩シャンの効果かどうかはわかりませんが、またもう少し年を重ねたらレポートします(笑)