【2019年】Windows8.1をwindows10へ無償アップグレード

2020年1月3日

Windows8.1を年末~年明けにWindows10へ無償アップグレードできました。少々特殊な8.1でしたが、無事成功。アップグレード中に出たエラーなどと一緒に紹介していきます。

Windows8と8.1のうんちく

大事なことですがWindows8.1のサポート終了は2023年です。今回、アップグレードしたのは、2023年も無償アップグレードの提供があるか不明なので、今の内にやっておこう、ということで実行。

思えばWindows8のアップグレード時は「有料」でした。格安のWindows8 proアップグレード権(たしか3,600円前後)提供期間中に格安でアップグレード権を購入して、実施だったと記憶しています。

プラス、Windows8からなくなったDVD再生機能(Windows Media Center)を付加するために「Windows Media Center」のアップグレード権をこれまた格安で購入した記憶があります。

途中からだったか、最初からだったか記憶があいまいですが、Windowsには8、と8proがあり、Windows Media Centerのインストールは8pro以上でした。

私の特殊なWindows8.1を紹介します

私が所持していうるWindows8のうち、1台は購入時から「Windows8」です。proとWindows Media Centerのプロダクトキーは複数ありましたので、Windows Media Centerにするためには以下の手順を踏む必要があります。

・Windows8初期設定 ⇒ Proのプロダクトキーで上書きインストール ⇒ Windows Media CenterのキーでMedia Centerをインストール

・その後、8.1へアップグレード

上記のカスタマイズの末、Windows8.1 Pro Media Center となりました、このPCをWindows10へアップグレードします。

この場合、クリーンインストールしたら、どのプロダクトキーを入力するのかまったくわかりません。。。が、クリーンインストールにならないことを祈ってアップグレード開始します。

「このツールではお使いのPCをアップグレードできません 」

前回同様、上記からアップグレードツールを使って実行しました。するといきなりのエラーです。

『このツールではお使いのPCをアップグレードできません お使いのPCに現在インストールされている Windows バージョンの言語またはエディションは、このツールではサポートされてません。』

思い当たることがありすぎて、あまりがっかりしません。が、本当のところは「Windows Media Center」が入っていることが原因な気がします。アップグレードでどちらにしても消えてしまうんですけどね。

と、いうことでWindows Media Centerをアンインストールしたいが、なぜかプログラムの追加削除に表示されておらず、スタートのタイルからのアンインストールもできず、面倒なので、前回作成したUSBからアップグレードします

失敗を防ぐためにやること

ディスククリーンナップです。たびたびWindowsUpdateに失敗しているため、システムのクリーンナップもしてWindowsUpdateの記録も空にしておきます。アップグレード時はWindowsUpdate(WU)と同じシステムを使うようなので、WUが成功しないとアップグレード失敗率も高まります。

本来、「softwaredistribution」フォルダを空にすれば同じことなんですが、システムクリーンナップで同フォルダが空になることを知ったので、ディスククリーンナップの方が良さそうとの個人判断です。

アップグレード用USBで実行

ディスククリーンナップが終わったら、アップグレード用のUSBを装着し、中に入っている「setup.exe」を手動で起動すると、アップグレードが開始されます。途中の「設定引継ぎ」では「何もしない」を選択

順調に進み、「次の作業が必要です」では「Windows Media Centerは使えなくなります」と表示されますが、それは知っているので、何の驚きもなく次へすすむ。

そして、しばらく放置。アップグレード用のUSBは最後まで抜かないようにしてください。途中で抜くと失敗します。

問題なくWindows10へアップグレードできました

今回は、すんなりとアップグレードが完了しました。設定やファイルを引き継がなければ、やっぱり成功率があがります。以前のファイルはまたDドライブへ移動していたし、使用していたアプリはあらためてDLした方が良いので、引き継がない派の私はなんのこだわりもなく、「何も引き継がない」アップデートを好みます。

失敗要因マメ知識

私の知識では「何も引き継がない」=「クリーンインストール」と一緒、ということでしたが、これは違うみたいですね。またはファイルやディスクに破損があると、「何も引き継がない」を選択しても通常のアップグレードはできない様子。

また、アカウントを複数作成していたり、消したりした場合も成功しにくいように思います。アカウント、消しても完全に消えないでゴミファイルが残っているっぽいんですよね。消す方法はあるんですが、忘れましたので割愛します。

これで手持ちのPCすべてがWindows10になりました。よかった。よかった。

ちなみに2020年1月1日現在、まだ無償でアップグレードできました。ありがとうございまーす。